来迎寺本堂

一級建築士事務所 山本想太郎設計アトリエ(東京都国分寺市 代表 山本想太郎)のHPです。大規模ビルから住宅、インテリア、アートまで、幅広い経験と実績を活かした設計を行っています。(近作ギャラリーも更新いたしました

来迎寺 客殿AMULET SHOP建築作品 

MESSAGE

建築家を知る/建築家になる

山本想太郎著「建築家を知る/建築家になる」(王国社)が発刊されました。日本の建築と建築家が現在置かれている状況の困難さ、それを乗り越えていくために必要なことなどについて論じています。建築主として建築家に接する方、建築家を目指す方などに、「建築家」を知っていただくための本です。お手にとっていただけましたら幸いです。その他書籍ご案内

BOOKS

ウィリアム・モリスと現代日本デザイン協会(JDA)、日本建築家協会(JIA)デザイン部会共催

トークイベント「ウィリアム・モリスと現代」のご案内

2014 年 9 月 19 日 (金) 18:30 ~ 21:00 @JIA 館 1F 建築家クラブ

出演: 川端康雄(日本女子大学教授 イギリス文学・イギリス文化研究)

大倉冨美雄(建築家・デザイナー  日本デザイン協会理事長)

詳細はこちらをご覧ください

2014/8/18
家具展フライヤー家具展フライヤー

プリズミックギャラリーにて開催中の「KAGUTEN/建築家の創作家具展2014南青山展」に、アーチストのカン・アイラン氏のためにデザインした本棚(1 2 3)の写真パネルとカン氏の作品「光る本」を出品しています。他にも多くの建築家の家具が見られますので、是非のぞいてみて下さい。2014.6.7 (土) - 2014.7.18 (金) 入場無料|平日 10:00 - 18:00|土曜 13:00 - 18:00|日曜休み。地図

2014/6/7

建築ジャーナル1406「建築ジャーナル」誌2014年6月号に、建築ジャーナリストの馬場璋造さんへのインタビュー記事「理屈でなく、直感に響くいい建築デザインを発信しつづけて」が掲載されました。吉田研介氏、横手義洋氏とともに、元「新建築」編集長でコンペのコーディネーターとしてもご活躍の馬場氏が目指してきたものについて伺っています。これからシリーズ化する予定です。

2014/6/1

小川重雄 法政大学鷹野隆大 060306k

JIAデザイン部会主催シンポジウム「写真と建築」

おかげさまで、大盛況のイベントとなりました。ご来場いただきました皆様、どうもありがとうございました。

2014/4/24

異議あり新国立競技場美術は地域をひらくようこそ建築学科へ「ようこそ建築学科へ!」(学芸出版社、監修 五十嵐太郎)にコラム「身近にある街建築を『読む』」を寄稿しました。

 

「美術は地域をひらく」(現代企画室、北川フラム著)に、「足湯プロジェクト」「空家プロジェクト」が掲載されました。

 

「異議あり!新国立競技場」(岩波書店、森まゆみ編)の「二章 専門性ではなく総合性の問題として」を執筆しました。今話題の新国立競技場問題の解説をお求め安い520円+税で!

2014/4/1

新建築1403「新建築」誌2014年3月号に「来迎寺」が掲載されました。

本格的な伝統木造構法と、現代的なデザイン、設備を融合させた寺院(本堂、客殿)と住宅(庫裏)の複合建築です。作品紹介HP

当HPでは現在ギャラリーにも写真を掲載しています。

2014/3/1

コンフォルト1402「コンフォルト」誌2014年2月号に拙稿「新国立競技場は専門性ではなく総合性の問題である」が掲載されました。何かと物議をかもしている新国立競技場問題ですが、少なくとも専門家同士の議論ではなく、「総合性」の担い手である市民の議論であるべき、という小論です。公開勉強会「みんなで学ぼう新国立競技場のあり方」にも登壇しました。詳細はこちら

2014/1/8

ヨーンウッツォン賞山本想太郎設計アトリエが実施設計・監理を担当したオーストラリア・ハウス(基本設計、アンドリュー・バーンズ・アーキテクト)がオーストラリア建築家協会の海外建築賞「2013 JORN UTZON AWARD」を受賞いたしました。賞名の「ヨーン・ウッツォン」氏はシドニー・オペラハウスの設計者です。

2013/11/11

HEADベストセレクションブース一般社団法人HEAD研究会、建材タスクフォース(委員長 山本想太郎)による「HEADベストセレクション賞2013」の講演会と展示が、「ジャパンホーム&ビルディングショー」で開催されました。おいでいただきました皆様、ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

(ベストセレクション詳細はこちら

2013/10/25

アート表現と建築表現シンポジウム日本建築家協会(JIA)のシンポジウム「アート表現と建築表現」が開催されました(出演:尹煕倉、高浜利也、曽我部昌史、山本想太郎)。おかげさまで大変充実した会となりました。ご来場いただきました皆様、どうもありがとうございました。

「アート表現と建築表現」HP

第二弾! 「ああ、イタリア。でもなぜ日本人が?」HP 出演:陣内秀信、大倉冨美雄

2013/7/7

建築ジャーナル1302「建築ジャーナル」誌2013年2月号の特集「建築家が動いて、公共建築を良くしよう!」のなかに、建築家の相坂研介氏、船木幸子氏との鼎談が掲載されています。オーストラリア・ハウスの建設を例に、「建築家たちはコンペ・プロポの発注業務に加わろう」という提案を行っています。

2013/1/26

建築知識1302「建築知識」誌2013年2月号の「徹底解説」コーナーに「建築物の外装材はまだ発展途上」という山本のインタビュー記事が掲載されました。「はたのいえ」「日本橋大伝馬町プラザビル」やHEAD研究会の活動などが紹介されています。メイン特集「美しい鉄骨造をつくる教科書」にも作品紹介あり。

2013/1/21

グローカルシンポジウム「3.11とグローカルデザイン」シンポジウムが、横浜のBankART NYKにて行われました。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

2012/12/1

HBマークHEADシンポジウム山本が運営に携わっております、一般社団法人 HEAD研究会による、2012年度HEADベストセレクション賞シンポジウムが開催されました。

2012/11/21

フェデレーションスクエアオーストラリア大使館、カルチャーHPに、「メルボルン『都市とアートの融合』」を寄稿いたしました。伝統的で美しく、また前衛的で刺激に満ちた街、メルボルンの都市と建築についてレポートしています。

2012/11/9

大地の芸術祭オフィシャルサイト

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012、おかげさまで無事終了いたしました。ご協力いただきました皆様、おいでいただきました皆様に、心より御礼申し上げます。

山本想太郎関連作品のご案内

 

オーストラリアハウス

建具ノモリ

2012/9/18

リノベーション図鑑「最高に気持ちいい住まいのリノベーション図鑑」(エクスナレッジ)が出版されました。私も参加しているHEAD研究会のリノベーション部会が作成した本で、リノベーションの手法とその楽しさが200件近い事例で示されています。

「板橋のリノベーション」「妻有田中文男文庫」も掲載されています。

2012/6/30

川越市シンボルマーク埼玉県川越市のシンボールマークの公募にて、最優秀案に選定されました。右の図案に、3つのカラーバリエーションがあります。各新聞などに掲載されました。(市報

2012/6/10

新建築1206「新建築」誌2012年6月号に、東京スカイツリーの批評文「穏やかな構築的表現」が掲載されています。ついに完成した東京スカイツリーについて、建築会から7人が批評している特集です。

2012/6/1

3・11とグローカルデザイン「3・11とグローカルデザイン--世界建築会議からのメッセージ」(日本建築家協会・デザイン部会編著 鹿島出版会)にて、妻有田中文男文庫が紹介されました。連健夫さんが書かれた第一章「グローカルデザインとはなにか」の中でご紹介いただいています。

2012/3/11

電線写真ギャラリー電線写真ギャラリー、全面展示替えしました。

ぜひご覧ください。

2012/01/13

建築設計のための行く見る測る考える「建築設計のための行く見る測る考える -発見・発想・試行のフィールド・デザイン-」(日本建築学会:編、鹿島出版会)が刊行されました。学生や新しい設計を試みる若い人たちへ向けたフィールドワークのガイドブックです。企画・文献紹介などに山本が参加しています。

2011/12/7

参加作品案大地の芸術祭(越後妻有アートトリエンナーレ)2012の企画発表会が行われました。私もアーチストとして参加いたします。画像は参加作品案です。「建具ノモリ」制作の記録

 

2011/10/28

HBマークHEADシンポジウム山本が運営に携わっております、一般社団法人 HEAD研究会の設立シンポジウムが開催されました。また同時に、HEADベストセレクション賞が発表されました。

シンポジウムの様子は、近日中にHEAD研究会のHPに掲載される予定です。

2011/10/6

オーストラリア・ハウス設計提案公募オーストラリア・ハウス設計提案公募が始まりました。山本は、今村創平氏とともにプロポーザルのコーディネーターをつとめています。敷地は新潟県十日町市。締切りは9月15日。審査委員は安藤忠雄氏、トム・ヘネガン氏、北川フラム氏。-->結果が発表されました

2011/6/24
2011/4/1

作品選集2011建築雑誌(増刊)作品選集2011(日本建築学会刊)に「妻有田中文男文庫」が掲載されました。

2011/3/10

Aprojectミサワホームによる、Aプロジェクトのキャンペーンに参加しています。

12月20日から26日までの7日間、同サイトの「建築家リレーブログ」に寄稿しています。

2010/12/20

住宅建築

「住宅建築」誌2月号に山本が中村研一さん、三沢亮一さんと行った「キッチン製品とプラン」という鼎談が掲載されました。

キッチン関連製品と住宅のプランニングの関係について、HEAD研究会の委員3人が語っています。

2010/12/19

住宅建築

「住宅建築」誌12月号に山本が中村研一さん、木島千嘉さんと行った「外壁の性能と選択肢」という鼎談が掲載されました。

住宅外壁に要求される性能と問題点について、いつものようにHEAD研究会の委員3人が語っています。

2010/10/19

住宅建築

「住宅建築」誌10月号に山本が中村研一さん、元倉眞琴さんと行った「システムバスのシステムはどこへ?」という鼎談が掲載されました。

システムバス製品の昨今の動向とその可能性について、HEAD研究会の委員3人が語っています。

2010/08/19

東映デジタルセンター ロビー東映デジタルセンター「東映デジタルセンター」の作品ページをアップしました。

2010/07/12

新建築7月号「新建築」誌2010年7月号の特集「地域の拠点となる医療施設」に、山本が司会をした座談会「街と繋がる病院」(辻吉隆さん・五代正哉さん・南部真さん)が掲載されました。

2010/07/01

姜 愛蘭 内なる本棚「姜 愛蘭 内なる本棚 Airan Kang the bookshelf enlightened」が出版されました。

ヴァンジ彫刻庭園美術館における展覧会(会場設計:山本想太郎設計アトリエ)の記録を中心としたアート・ブックです。掲載されている展覧会場の写真は、山本の撮影によるものです。

2010/04/28

大地の芸術祭20092009年に参加した、『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009』の記録集が発行されました。

山本想太郎設計アトリエの作品「建具ノニワ」と「妻有田中文男文庫」が紹介されています。

2010/04/27

住宅建築「住宅建築」誌5・6合併号の「建具の愉しみ」特集に、山本が中村研一さん、納谷新さんと行った「住宅用サッシを解放せよ」という鼎談が掲載されました。

松永安光さんによるHEAD研究会の紹介文も掲載されています。

2010/04/20

《PAPI》外観「スマートハウス考 《トヨタ夢の住宅PAPI》」 が『10+1 DATA BASE』に掲載されました。(原文は2005年12月に発行された、『10+1』NO.41特集=実験住宅 に掲載されたものです。)

2010/04/07

住まいの和モダン「住まいの和モダン」(ニューハウス出版)に、山本想太郎設計アトリエの作品「水戸N邸」、「国分寺の家」が紹介されました。

2010/03/29

建築ジャーナル「建築ジャーナル」誌 2010年3月号に、山本想太郎が「ITを使って部品・建材情報を共有化、建築価値の共通認識を持つ」を寄稿しています。

山本が幹事として参加している、HEAD研究会の活動を紹介しています。

2010/03/01
ヴァンジ展示_写真拡大

ヴァンジ彫刻庭園美術館にて、「アイラン・カン - 内なる本棚 」展が開催されています。 会場設計を山本想太郎設計アトリエが担当いたしました。会期:2月20日(土)-5月9日(日) (水曜休館)

 

2010/02/20