日本建築家協会(JIA)デザイン部会 公開トークイベント

 「建築コンペとは何か ―― 2021 updated version」

 

 建築コンペとは何か 

 

このたび日本建築家協会関東甲信越支部デザイン部会は、建築デザインおよびそれに関わる職能についての公開トーク・シリーズの一環として、「建築コンペ」をテーマとしたオンライン・イベントを開催いたします。

建築設計コンペはこれまで、歴史に残る多くの建築を生み出してきました。しかし2013~15年にまき起こった新国立競技場計画をめぐる騒動は、コンペを含む、建築界が繰り返してきた形式の設計プロセスが、社会と建築とのコミュニケーション基盤として適切に機能するものではなくなってしまっているという問題を浮き彫りにしました。 その顛末の一応の区切りともいえる東京オリンピック/パラリンピックを終えたこのタイミングで、日本においてはもはやその存在意義が揺らいでいる「建築コンペ」の話題を起点に、これからの建築と社会とのコミュニケーション、建築設計という職能の可能性について、公開ディスカッションを行います。

『みんなの建築コンペ論—新国立競技場問題をこえて』(2020年)の著者2名をモデレーターとし、さまざまな形でコンペ、建築、都市と関わるゲスト・パネリストが登壇いたします。

(※2020年3月より開催延期とさせていただいていた同名イベントを、内容・形式を新たにして開催するものです)

 

日時:2021年10月21日(木)18:30~20:30
形式:オンライン・イベント

  (事前ご登録いただいた方に後日メールにて参加方法を連絡いたします)
参加費:無料(事前登録制 定員80名 申込多数の場合は先着順)

 

参加登録 

・公開トークイベントですので、どなたでもご参加いただけます。

 

継続職能研修(CPD)認定講習ID:申請中

主催:日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部デザイン部会

INFORMATION

出演者

塩崎太伸

塩崎太伸(しおざき たいしん)

東京工業大学 環境・社会理工学院 准教授 。

川勝真一

川勝真一(かわかつ しんいち)

RAD(Research for Architectural Domain)ディレクター。大阪市立大学・京都精華大学・摂南大学非常勤講師。建築に関する展覧会のキュレーションや出版、市民参加型の改修ワークショップの企画運営、レクチャーイベントの実施、行政への都市利用提案などの実践を通じ、 建築と社会の関わり方、そして建築家の役割についてのリサーチをおこなっている。

津川恵理

津川恵理(つがわ えり)

建築家。ALTEMY代表。

倉方俊輔

モデレーター

倉方俊輔(くらかた しゅんすけ)

建築史家。大阪市立大学大学院工学研究科准教授。日本建築家協会近畿支部副支部長。『神戸・大阪・京都レトロ建築さんぽ』『東京モダン建築さんぽ』『伊東忠太建築資料集』『ドコノモン』『吉阪隆正とル・コルビュジエ』『みんなの建築コンペ論』他著書多数。

山本想太郎

モデレーター

山本想太郎(やまもと そうたろう)

建築家。山本想太郎設計アトリエ主宰。日本建築家協会関東甲信越支部デザイン部会長。東洋大学・工学院大学・芝浦工業大学非常勤講師。著書は『Detail Japan TALK』『建築家を知る/建築家になる』『イラスト解剖図鑑 世界の遺跡と名建築』(監修・翻訳)『みんなの建築コンペ論』など。 http://atyam.net/

出演者紹介

参加登録