photo山本想太郎 (やまもと そうたろう)
昭和41年9月5日東京生まれ
一級建築士 (第233865号)

東洋大学 非常勤講師

工学院大学 非常勤講師

芝浦工業大学 非常勤講師

日本建築学会 情報設計委員会 委員

日本建築家協会(JIA)会員 デザイン部会長

一般社団法人 HEAD研究会 常任理事

国分寺市木造住宅耐震診断士 (第5号)


一級建築士事務所 山本想太郎設計アトリエ

住所 (郵)185-0022 東京都国分寺市東元町2-13-13
電話 042-325-4721
fax 042-325-4721
e-mail sotaro@atyam.net  メール
HP http://www.atyam.net

経歴書印刷用pdf 印刷・DL用 pdf 経歴書: [経歴のみ] [作品紹介を含む一式] [英語版]

data

経歴

1982年
私立芝中学校 卒業
1985年
私立芝高等学校 卒業
1989年
早稲田大学理工学部建築学科 卒業
1991年
早稲田大学理工学研究科修士課程建設工学(建築)専攻 修了
1991-2003年
(株) 坂倉建築研究所 勤務
2004年-
一級建築士事務所 山本想太郎設計アトリエ 主宰
.
(東京都知事登録第51483号)
2005-2009年
『Detail Japan』誌、技術翻訳総監修
2006年-
東洋大学 非常勤講師
2007年-
日本建築学会 情報設計委員会 委員
2008-2017年
明治大学 兼任講師
2011年-
工学院大学 非常勤講師
2013年-
日本建築家協会 デザイン部会長
2015年-
芝浦工業大学 非常勤講師
経歴

作歴

●前職における担当プロジェクト

.
小田急・JR新宿南口計画
.
小田急サザンタワー、サザンテラス
.
群馬ロイヤルホテル、チャペル
.
関西エアポート ワシントンホテル
.
東京国立近代美術館 増改築
.
菊池寛実記念 智美術館

 

●設計競技

.
京都市コンサートホール
.
東急桜ヶ丘計画
.
桐生市市民会館(1等)
.
長岡市民文化会館
.
東京国立近代美術館増改築(1等)

 

●山本想太郎設計アトリエ

2002年
水戸N邸新築工事(北村紀史氏と共同設計)業
2004年
国分寺の家 新築工事
2005年
2005年
汐留プラザビル 新築工事(坂倉建築研究所と共同設計)
2006年
Round on the Roof 展 会場構成(プロスペクター作品)
2006年
南洋堂ルーフラウンジ(プロスペクター作品)
2006年
大地の芸術祭--越後妻有アートトリエンナーレ2006参加作品(以下)
.
コンタクト--足湯プロジェクト(プロスペクター作品)
2007年
レストラン「メゾン・ド・スリジェ」改修
2007年
プロスペクター展「Calculation」会場構成(プロスペクター作品)
2007年
浄土宗行念寺改修
2008年
2008年
2009年
日本橋大伝馬町プラザビル 新築工事(ランドビジネスと共同設計)
2009年
はたのいえ 新築工事
2009年
大地の芸術祭--越後妻有アートトリエンナーレ2009参加作品
2010年
東映デジタルセンター 内外装デザイン
2012年
S邸耐震改修
2012年
M邸改修
2012年
オーストラリア・ハウス(アトリエ・イマムと共同実施設計・監理)
2012年
大地の芸術祭--越後妻有アートトリエンナーレ2012参加作品
.
建具ノモリ、大地の市
2012年
建具ノモリ、大地の市関連グッズ(手ぬぐい、絵葉書、シール等)デザイン
2012年
K邸改修
2013年
南洋堂ルーフラウンジ2(プロスペクター作品)
2014年
IZ邸改修
2015年
K邸改修
2015年
オーストラリア・ハウス改修
2016年
みちの名前プロジェクト(AOBA+ART出品作品)
2016年
I邸耐震改修
2016年
KN邸改修
2017年
E邸耐震改修
2017年
H邸改修
2017年
犀の目文庫
作歴

賞歴

1989年
第24回セントラル硝子国際建築設計競技最優秀賞
1990年
毎日学生住宅デザイン大賞 大賞
1997年
新建築住宅設計競技 1997 2席
2012年
川越市シンボルマーク公募 最優秀賞
2013年
オーストラリア建築家協会賞「2013 JORN UTZON AWARD」(オーストラリア・ハウス
2014年
「渋谷駅桜丘口地区再開発計画 デザイン・アートワーク アイディアコンペティション」佳作入選
2015年
北米照明学会賞(IESNA, Award of Merit)(来迎寺
2015年

AACA賞 優秀賞(日本建築美術工芸協会)(清津倉庫美術館

2016年

木の建築賞(木の建築フォラム)(来迎寺

2016年

「公共施設オープンリノベーション マッチングコンペティション」(総務省)当選(越後妻有倉庫ミュージアム)

賞歴

その他活動

1997年-
JIA 30代建築家会議 参加
2002年
N+school (於:南洋堂書店)にて講演
2003年
「ランドスケープ・デザイン・ワークショップ2003」参加(以下)
.
(「都市のシーン」グループ・リーダーとして新宿西口計画案作成)
.
南泰裕氏、今村創平氏と、プロスペクター・アソシエーション設立
2004年
妻有アートトリエンナーレ2006コンペにて、招待候補作家に選出
.
TV番組「快適!住まいるナビ」(TV東京系)に出演。国分寺の家紹介
2005年
国士舘大学+東京工芸大学、卒業設計合同講評会ゲスト・クリティック
.
『Detail Japan』誌、技術翻訳総監修 (-2009年)
.
新潟県妻有地区の古民家空家調査
.
アートイベント「Variations on a Silence」パネルディスカッションにゲスト出演
.
「孤風院ワークショプ2005」足湯プロジェクト、監修、講師を勤める
.
南洋堂書店N+にて、展覧会<33の屋根-NANYODO ROOFTOP PROJECT>展を開く
.
九州大学にて、レクチャー『空家プロジェクト』
2006年
信州大学にて、設計課題 ゲスト講評
.
東洋大学 非常勤講師
.
INAX 住宅産業フォーラム レギュラー講師
.
バンカートスクールにて『空家プロジェクト』についてレクチャー
.
地球環境セミナー『里山に生きる』にてレクチャー
.
「孤風院ワークショプ2006」足湯プロジェクト、監修、講師を勤める
.
「旧飯箸邸(坂倉準三設計)に関する緊急シンポジウム」にてパネリスト
.
「旧飯箸邸」の実測調査に参加
.
INAXギャラリー「西雅秋『超・刻へ』+『大地の芸術祭2006』再生民家のアーティストたち展」にて、プレゼンテーション、北川フラム氏と対談
2007年
明治大学理工学部建築学科 建築設計3 全体講評会にて、学外講師として講評
.
日本建築学会 情報設計委員会 委員
.
明治大学理工学部建築学科 建築設計(安田スタジオ)にて、講評
.
シンポジウム「小出集落と建築とアート」にて、北川フラム氏、堀啓二氏とともに講演
.
INAX:GINZAにてプロスペクター展「Calculation -建築の演算・都市の演算-」
.
第66回建築家フォーラムにて「Calculation -建築の演算・都市の演算-」をテーマに講演
2008年
ベネッセチャンネル(無料TV放送)の番組<「生きる力」を育むリテラシー>に出演
.
日本建築学会 情報設計シンポジウムにて研究発表 「建築と社会の関係を変えるプログラム」
.
東洋大学大学院経済学研究科 公民連携専攻講座にて特別講演 「現代におけるプレゼンテーション力」
.
越後妻有アートトリエンナーレ2009コンペにて、出品作家に選出
.
WEBアートギャラリー、TAGBOATの連載コラム『タカの部屋』にて、写真家、鷹野隆大氏より公開インタビューを受ける
2009年
鈴木明氏主催「世界小屋ジャンボリー2009」参加
.
明治大学 計画設計スタジオ にてゲストクリティーク
.
東洋大学 「まちかど講評会」 にてゲストクリティーク
.
HEAD研究会に運営委員会幹事として参画、シンポジウムにて活動報告
2010年
HEAD研究会にて「部品・建材ベストセレクション情報発信」TFを共同主宰。研究会を月一回開催
.
日本大学 生産工学部 建築学科にて講演 「建築家・アート・建築的な表現」
.
東北工業大学の学生有志の主催によるcolorsワークショップに講師として参加
2011年
「国分寺市木造住宅耐震診断士」資格取得
.
オーストラリア大使館のcultural visitors programにて訪豪
.
シドニー大学にて講演「After 3/11: Thinking on Recovery」(今村創平氏と共同講演)
.
東京未来シナリオ2035」(森記念財団 都市戦略研究所)、シナリオ都市像イラスト作成
.
HEAD研究会設立記念シンポジウム「建築をつくる部品たち、その先へ」パネラー
.
越後妻有アートトリエンナーレ2012コンペにて、出品作家に選出
.
「ヴァナキュラーからの変換」シンポジウム(BankART)にパネラーとして参加
2012年
HEAD研究会シンポジウム「HEAD・VISION・QUEST」パネラー
.
積水ハウス 新構法開発研究会にてレクチャー
.
「3.11とグローカルデザイン」シンポジウム(JIA)パネラー
2013年
日本建築家協会「金曜の会」パネラー「建築士資格制度について」
.
HEAD研究会建材シンポジウム「部品・建材選択の勘所」パネラー
.
「アート表現と建築表現」シンポジウム(JIA)パネラー、モデレーター
.
日本建築学会+日本大学共催「現代社会における設計の意味と役割を考えるシンポジウム」総合司会、トークセッション参加
.
HEAD研究会「HEADベストセレクション賞2013」展示ブース(@東京ビッグサイト)監修、表彰式+講演会モデレーター、講演
2014年
公開勉強会「みんなで学ぼう新国立競技場のあり方」(神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会)パネラー
.
「写真と建築」シンポジウム(JIA)パネラー、モデレーター
.
アイジー工業株式会社(山形県東根市)にて講演会「建築における外観デザインの現状と今後」
.
株式会社ハウゼコ(大阪府大阪市)にて講演会「建築における表現と機能」
.

「HEADベストセレクション賞2014 表彰式+シンポジウム」コーディネーター、パネラー

2015年

日本建築家協会「アートイベントと建築」コーディネーター、パネラー

.

ジャパンホーム&ビルディングショー講演会「[建築家 × 建築史家 対談] 新国立競技場 ―― 設計コンペとはなにか」倉方俊輔氏と公開対談

.

HEAD研究会「HEADベストセレクション賞2015シンポジウム」コーディネーター、パネラー

.

緊急勉強会「原っぱ組の岡目八目・・・新国立競技場二案をどう読むか」にてプレゼンテーション「コンペはなぜやるのか?」

2016年

AOBA+ART(神奈川県横浜市)にアート出品

.

「公共施設オープンリノベーション マッチングコンペティション」(総務省)当選(越後妻有倉庫ミュージアム)

.

HEAD研究会「HEADベストセレクション賞2016シンポジウム」コーディネーター、パネラー

その他活動

著作

『テクトニック・カルチャー』(TOTO出版、2002年) (松畑強氏と共訳)
『10+1』35号、『建築の技法』(共著、INAX出版、2004年)
『現代住居コンセプション』(共著、INAX出版、2005年)
『Detail Japan TALK』(リード・ビジネス・インフォメーション、2007年)
『建築と植物』(共著、五十嵐太郎編、INAX出版、2008年)
『姜 愛蘭 内なる本棚』(共著、NOHARA、2010年)
『ようこそ建築学科へ!』(共著、五十嵐太郎監修、学芸出版社、2014年)
『異議あり!新国立競技場』(共著、森まゆみ編、岩波書店、2014年)
著作

作品掲載

『ニューハウス』誌 2004年6月号 『根本さんのお宅』(水戸N邸)
『ニューハウス』誌 2005年2月号 『山本さんのお宅』(国分寺の家)
『家づくりの全費用&全資金』 2005年4月 ニューハウス出版
『Detail Japan』誌 2005年10月号 『板橋のマンション住戸改修』(板橋のリノベーション)
『pen』誌 2005年10/15号 『板橋のリノベーション』
『リフォームハンドブック2006』 2005年11月 建築資料研究社 (板橋のリノベーション)
『室内』誌 2005年12月号 『国分寺の家』
10+1Web 『南洋堂ルーフラウンジ』動画(2006年)
『日経アーキテクチュア』誌 2006年7月10日号 『南洋堂ルーフラウンジ』
『MacPOWER』誌 2006年9月号 『足湯プロジェクト』
『日経アーキテクチュア』誌 2006年9月11日号 『空家プロジェクト』『足湯プロジェクト』
『新建築』誌 2006年9月号 『小出の家』『再構築』『足湯プロジェクト』
『Detail Japan』2006年10月別冊『12 Architects, 12 Projects』 『汐留プラザビル』
『空家プロジェクト--生き続ける民家』(2006年、まつだい「農舞台」) 『空家プロジェクト』作品全般
『ニューハウス』誌 2006年10月号 (国分寺の家)
『コンフォルト』誌 2006年10月号 『コンタクト--足湯プロジェクト』『空家プロジェクト』
『新建築住宅特集』誌 2006年10月号 『小出の家』『名ケ山写真館』
『新建築』誌 2006年10月号 『南洋堂ルーフラウンジ』
『地域創造』誌 20号(2006年秋)『再構築』『名ケ山写真館』『小出の家』『池沢の家』『足滝公民館』『コンタクト--足湯プロジェクト』
『NPO 木の建築』誌 16号(2006年12月)『名ケ山写真館』『小出の家』『旧三ツ山分校』
『日経アーキテクチュア』誌 2007年3月19日号『アーキファイル2007』 プロスペクター作品を紹介
『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006』(2007年、現代企画室)『コンタクト--足湯プロジェクト』『空家プロジェクト』
『Art Gaia』誌 2007年8月号 『小出の家』
『Detail Japan』誌 2007年11月号 『妻有田中文男文庫』
『新建築』誌 2007年11月号 『妻有田中文男文庫』
『コンフォルト』誌 2007年12月号 『妻有田中文男文庫』
『Memo 男の部屋』誌 2008年5月号 『国分寺の家』
『商店建築』誌 2008年7月号 『カン・アイラン個展』
『日経アーキテクチュア』誌 2009年7月27日号 『建具ノニワ』
『建築ノート』誌 No.07(2009年7月) 『建具ノニワ』
『新建ハウジング』紙 2009年8月10日号 『はたのいえ』
『住宅建築』誌 2009年9月号 『建具ノニワ』
『建築ジャーナル』誌 2009年9月号 『はたのいえ』
『新潟日報』紙 2009年9月11日号 『建具ノニワ』
『建築技術』誌 2009年10月号 『建具ノニワ』
『建築ジャーナル』誌 2009年12月号 2004-2009年の主な作品
『住まいの和モダン』(2010年、ニューハウス出版) 『水戸N邸』『国分寺の家』
『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009』(2010年、現代企画室)『建具ノニワ』『妻有田中文男文庫』
『毎日新聞』紙 2010年3月15日夕刊 『アイラン・カン - 内なる本棚 展』
『朝日新聞』紙 2010年4月14日夕刊 『アイラン・カン - 内なる本棚 展』
『住宅建築』誌 2010年8月号 『建築家を知る/建築家になる』書評
『建築雑誌増刊 作品選集2011』(2011年、日本建築学会) 『妻有田中文男文庫』
『建築学報 2011年4月号』(2011年、中国建築学会) 『小出の家』『名ヶ山写真館』『再構築』『妻有田中文男文庫』『建具ノニワ』
『東京未来シナリオ2035』(2011年、森記念財団 都市戦略研究所)シナリオ都市像イラスト
『3・11とグローカルデザイン』(2012年、鹿島出版会)『妻有田中文男文庫』
『最高に気持ちいい住まいのリノベーション図鑑』(2012年、エクスナレッジ)『板橋のリノベーション』『妻有田中文男文庫』
『津南新聞』紙 2012年7月6日号 『建具ノモリ』
『OZ magazine』誌 2012年9月号 『建具ノモリ』
『旅の手帖』誌 2012年9月号 『建具ノモリ』
『Casa BRUTUS』誌 150号(2012年8月)『オーストラリア・ハウス』
『新建築』誌 2012年10月号 『オーストラリア・ハウス』『建具ノモリ』
『東京の若手建築家とつくる家』( 2012年、建築ジャーナル)『はたのいえ』等
『建築知識』誌 2013年2月号 『はたのいえ』『日本橋大伝馬町プラザビル』
『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012』(2013年、現代企画室)『建具ノモリ』『オーストラリア・ハウス』
『新建築』誌 2014年3月号 『来迎寺』
『美術は地域をひらく』(北川フラム著、現代企画室、2014年)『足湯プロジェクト』『空家プロジェクト』
『新建築』中国語版 第20号(2015年、大連理工大学出版社)『来迎寺』
『JIA建築年鑑2014』(2015年、日本建築家協会)『来迎寺』
『自遊人』誌 2015年8月号 『清津倉庫美術館』
『美術手帖』誌 2015年10月号 『清津倉庫美術館』
『新建築』誌 2015年10月号 『清津倉庫美術館』
『コンフォルト』誌 2015年12月号 『清津倉庫美術館』
『日本経済新聞』紙 2015年11月9日夕刊 『清津倉庫美術館』
『木の建築』誌 42号(2016年3月)『来迎寺』
作品掲載

論文等

●論文・監修等

『a+u』 誌 「アルド・アンド・ハニー・ファン・アイク」(1991年)
『SD Space Design』誌「海外建築情報」寄稿 (1990-1995年不定期)
『SD Space Design』誌「海外建築情報」巻頭連載(1995年-1996年)
 岩下暢男氏、今井公太郎氏、アトリエ・ワン、曽我部昌史氏と共同執筆
『建築技術』 誌 「建築に潜む EXP.Jデザイン」(2004年8月号)
『10+1』誌 「ONE表参道--建築家のバランス感覚」(2004年、35号)
『大航海』 誌 「藤森照信 建築の知的レミニセンス」(2005年7月、第55号)
『Detail Japan』誌 技術翻訳総監修 (2005-2009年)
『Detail Japan』誌 「上小沢邸--住居の熟成」(2005年10月号)
『10+1』誌 「スマートハウス考」(2005年、41号)
『Detail Japan』誌 「マテリアル・ノート」(2006-2008年連載)
『住宅70年代・狂い咲き』 「宮脇檀-混構造の思想」(2006年、エクスナレッジムック)
『ザ・藤森照信』 ※コメント掲載(2006年、エクスナレッジムック)
『空家プロジェクト--行き続ける民家』(2006年、まつだい「農舞台」) 「空家の日常と非日常」
10+1Web 「空き家プロジェクトの可能性」(2006年)
『新建築住宅特集』誌 2006年10月号 「空家とアートの可能性」
『NPO 木の建築』誌 16号(2006年12月) 「アートと木造建築の融合」
『新建築』誌 「空間表現のディテール」(2007年2月号より連載中)
 石黒由紀氏、高橋堅氏、山代悟氏と共同連載
『10+1』誌 「アート・モデル表現に可能性はあるか?」(2007年、49号)
『新建ハウジング』紙 「心が建築を生み出すことを失念してはならない」(2008年、3月10日、20日号)
『映画の発見!』(『Detail Japan』誌2008年7月号別冊)「Don't Think! Feel! 芸術としての戦い」
『アート・トップ』誌(2008年9月号)「高山辰雄の『痛くない芸術』」
『新建築』誌 「何が変わった?建築士法」(2009年1-4月号連載)
『建築ジャーナル』誌 (2010年3月号)「ITを使って部品・建材情報を共有化、建築価値の共通認識を持つ」
『新建築』誌 (2012年6月号)「穏やかな構築的表現」(スカイツリー批評)
『建築技術』誌 「世界の建築構法はISRUへと向かう」(2012年8月号) 
オーストラリア大使館HP 「メルボルン『都市とアートの融合』」(2012年11月) 
『建設通信新聞』紙 記事「JIA金曜の会「資格」で考え披露」に講演内容掲載(2013年1月11日)
『建設工業新聞』紙 記事「建築士、弁護士資格のあり方探る」に講演内容掲載(2013年1月25日)
『コンフォルト』誌(2014年2月号)「『新国立競技場』は専門性でなく総合性の問題である」
『Housing Tribune』誌(vol481, 2014年10月24日号)「ユーザーの視点に立つことで金属外壁の可能性はさらに広がる」
『コンフォルト』誌(2015年12月号)「未来まで感覚させるノスタルジーが、『総合性の建築デザイン』を生む」

 

●インタビュー・対談記事

『10+1』2004年35号 「建築の技法--作ることの楽しさへ」 今村創平氏・南泰裕氏と鼎談
『建築文化』2004年12月号 ヨコミゾマコト氏にインタビュー
『Detail Japan』2005年8月号 槇文彦氏にインタビュー
『Detail Japan』2005年12月号 藤森照信氏にインタビュー
『Detail Japan』2006年4月号 鈴木了二氏にインタビュー
『Detail Japan』2006年6月号 鈴木恂氏にインタビュー
『Detail Japan』2006年8月号 山本理顕氏にインタビュー
『Detail Japan』2006年10月号 青木淳氏にインタビュー
『Detail Japan』2006年12月号 隈研吾氏にインタビュー
『Detail Japan』2007年4月号 高宮眞介氏にインタビュー
『新建築住宅特集』2007年7月号 「構造と意匠の多様なタッグチームを」 構造家、横山太郎氏・多田脩二氏・名和研二氏と対談
『Detail Japan』2007年10月号 伊東豊雄氏にインタビュー
『新建築』2007年11月号 田中文男棟梁にインタビュー
『建築と植物』2008年10月(INAX出版)藤森照信氏にインタビュー
WEBアートギャラリー、TAGBOATの連載コラム『タカの部屋』にて、写真家、鷹野隆大氏より公開インタビューを受ける。2008年11月
『Detail Japan』2009年2月号 「素材・技術・デザインから見た建築の現在と未来」 今村創平氏・太田浩史氏と鼎談
『JA』2009年AUTUMN,75号 「鋼構造住宅をディテールから考える」 奥山信一氏と対談
『住宅建築』2010年5・6合併号 「住宅用サッシを解放せよ」 中村研一氏・納谷新氏・三協立山アルミと対談
『新建築』2010年7月号 「街と繋がる病院」 辻吉隆氏×五代正哉氏×南部真氏 司会:山本想太郎
『住宅建築』2010年10月号 「システムバスのシステムはどこへ?」 中村研一氏・元倉眞琴氏と鼎談
『住宅建築』2010年12月号 「外壁の性能と選択肢」 中村研一氏・木島千嘉氏と鼎談
『住宅建築』2011年2月号 「キッチン製品とプラン」 中村研一氏・三沢亮一氏と鼎談
『建築知識』2013年2月号 インタビュー「建築物の外壁はまだ発展途上」
『建築ジャーナル』2013年2月号 「建築家たちはコンペ・プロポの発注業務に加わろう」相坂研介氏、船木幸子氏と鼎談
『建築ジャーナル』2014年6月号 馬場璋造氏にインタビュー「理屈でなく、直感に響くいい建築デザインを発信しつづけて」吉田研介氏、横手義洋氏と共同インタビュー
『建築ジャーナル』2014年12月号 田尻裕彦氏にインタビュー「”開発”に対峙し、人間存在を軸に時代と格闘する編集のダイナミズム」吉田研介氏、横手義洋氏と共同インタビュー
『建築ジャーナル』2015年7月号 植田実氏にインタビュー「エディトリアルデザインという建築批評」吉田研介氏、横手義洋氏と共同インタビュー
『阪田誠造』(2015年 自費出版)にて、馬場璋造氏にインタビュー「阪田誠造という稀有な存在を坂倉建築研究所は持っていた」
『建築ジャーナル』2015年11月号 内野正樹氏にインタビュー「『触発』する編集者」吉田研介氏、横手義洋氏と共同インタビュー
『ハウジング トリビューン』2017年2月10日号(529号) インタビュー記事「窓の配置の工夫で住宅デザインの魅力も向上」

 

 

(以上、2017年10月現在)

論文等